トレーニングは健康

Training Is Health −食物−

筋肉は体の栄養バランスとトレーニングの具合で成長度合いが決まります。食生活とトレーニング、どちらが欠けても不完全で、効率の良い筋力トレーニングは必然的に食生活とトレーニングのバランスを調整するということになります。このページではより強い筋肉を鍛えるための方法として、筋力アップに繋がる食べ物をご紹介します。

筋肉に含まれるタンパク質

筋肉に一番効果のある成分は何かご存じでしょうか。答えは「タンパク質」です。タンパク質が含まれている食べ物はあ、体内でタンパク質に変化するアミノ酸が多く含まれているベータカロチンを摂取する方法と、豚や牛などの動物性タンパク質を摂る方法、他にも大豆や納豆などの食物性タンパク質から摂る方法などがあります。タンパク質はトレーニング前に摂取するよりも筋肉の中に疲労がたまった状態になるトレーニング後に摂取するのが一番好ましく、トレーニングで消費した分よりもタンパク質を摂取しないようにすることでより効果的な筋力トレーニングを実感できます。格闘家や一流のアスリートの中には練習後のプロテインを常用している方もおり、これはプロテインに含まれるタンパク質とその他の栄養素がトレーニング後の疲弊した筋肉に効果が高いことを知っているからです。ただ、プロテインは素人がいきなり飲もうとして飲んでも味の悪さに続けることが難しいことが予想されるので、すぐにプロテインなどの補助食品に頼るよりもまずはトレーニングの献立を見直すことをオススメします。

アミノ酸を摂取しよう

豚や牛、魚などの動物性タンパク質が多く含まれる食べ物はアミノ酸も多く含まれています。これは大豆できた豆腐や納豆などの植物性タンパク質を多く含んでいる食べ物を摂取するよりもはるかにバランス良く必須アミノ酸を摂取することができ、筋力トレーニングにも高い効果があることが実証されているそうです。動物性タンパク質を含む食べ物は上記に挙げたもの以外だと卵や牛乳・チーズなどの乳製品がありますが、どれもスーパーなどで簡単に手に入ることから食生活を改善するは楽だと思います。ただ注意しておいて欲しいのは、筋肉に必要なタンパク質とアミノ酸の摂取のために、毎日納豆や豆腐、肉類だけを摂取していては筋肉への効果はあるもののお腹や腰回りに不要な脂肪がつく、ということです。特に腰回りに付いた脂肪はトレーニングでもなかなか落とすことができない部位なので、タンパク質を摂取するときは分量を計算してからにしましょう。折角筋肉を鍛えてもお腹回りがブヨブヨでは格好がつかないので、全体のバランスを考えてシェイプアップした体型を維持できるように食事にも注意を払いましょう。

手軽な食品ほど危ない

食生活に気を配るようになると、自然にインスタント食品や味が濃い食べ物などを避けるようになります。特に市販されているレトルトのカレーなどのインスタント食品は健康を害さない程度に配慮されて作られているものの、その成分は数日分のトレーニングがムダになる程度のカロリーを含んでいます。カロリーだけでなく、調整材や保存料など体に良くはない成分が含まれているので、筋力トレーニングで筋肉を鍛えたい方には天敵といえる食べ物です。確かにインスタント食品は手軽でやみつきになる味ですが、トレーニングの効果をその身で実感するためにも間食やインスタントは避けましょう。

Favorite

口コミで評判の中国切手の買取店!おすすめ業者比較ランキング!

最終更新日:2018/11/7


Copyright (C) 2011 トレーニングは健康 All Rights Reserved.